対談

サン・アクエリアで働くことについて、社員4名にこれまでを振り返って語っていただきました。

この4人がホンネで語りあいました!

相談員 兼 介護主任

Mさん(入社10年目)

ニックネーム:むらっさん

事務員

Kさん(入社2年目)

ニックネーム:ゆかちゃん

ケアマネージャー

Iさん(入社1年目)

ニックネーム:石井ちゃん

看護師

Gさん(入社2ヶ月目)

ニックネーム:ぐっしー

POINT①【明るい雰囲気の施設や人と、生活基盤をしっかりと築ける】

入社したきっかけから話をしましょうか?ぐっしーは、まだ入社して間もないよね。

もともとは病院勤務だったよね。

はい!まだ1ヶ月くらいです。

そうなんです。人の役に立ちたいと思って病院に勤めたのですが、業務の忙しさや使用する薬剤を間違えないかということばかりに気をとられて、目の前の患者さんとしっかりと向き合えないことがとても不満でした・・・

そこで、「介護施設であれば、もっと親身になれる?」と思い立ち、この業界に入ったんです。

でも、どうして【サンアクエリア】にしたの?

面接がすごく良かったんです!

他の介護施設にも面接に行ったのですが、どこも冷たいというか・・・、ここに面接にきた時は、入口に入った瞬間から

気持ちよく出迎えてくださって「ここで働きたいな!」って、直感で思いました。

それ分かる!私も、ここに面接に来たときに『雰囲気が明るいな』と思って。

面接してくださった方と、お話しているときも楽しかったので入社を決めましたね。

石井ちゃんの入社のきっかけは、どんな感じでした?

実は、私も面接が良くて(笑)

面接が終わったあとに、「あれ?今日は面接だったはずでは?」と思うぐらい、

自然に楽しくお話をさせていただいたんです。

他にもいくつか面接を受けていたのですが、こういう感覚は初めてだったので・・・。

やっぱり、そういう施設の印象というか、雰囲気って大切ですよね・・・!

むらっさんは、どうです?

私は、この施設で10年。ほかの施設でも介護の仕事に携わっているんですが、単刀直入に言うと

『労働条件がとても良かった』

はじめて勤めた施設に比べると、断然に待遇が良かったんですね。いろいろな介護施設を見渡しても、

ここは、とても待遇面がしっかりしているので、「間違いないなと(笑)」

で、気づけば10年経っていた・・・という感じですね。

POINT②【人の役に立ちたいという思いを叶え、納得できる人生をサポートできる】

ぐっしーは、初めての介護現場での仕事はどうでした?

一番良かったのは、【しっかりとご利用者様をサポートできる満足感を得られる】ことですね。

どう工夫すれば痛みを和らげて移動させられるか、とか

私たちだけじゃなくて、関わるスタッフみんなでそういう思いなのが、本当に嬉しいと思いながら働けています。

確かに、ここの施設は区別なく、みんな仲が良いのはもちろんですが、

加えてどんな事情があっても、ご利用者第一で考えていますもんね。

私は、在宅のケアマネージャーなので、私の情報が不足していると、すべてご利用者様の損になったり、

満足のいくケアにならなかったりするので、責任感をもって取り組んでいます。

『責任』って、しんどく思うときも結構あるでしょ?(笑)そのなかで、どうやって働き甲斐を見つけてるの?

はい(笑)

やっぱり皆さんもそうだと思うんですが「ご利用者様やそのご家族からの感謝の言葉をいただくと、

心から頑張ってよかった」と思いますよ。むらっさんは、どうですか?

そうですね。今は現場ではないので、ご利用者様ではなくて、ご家族から「本当にカラダが楽になった。ありがとう!」と言われたときは、心底うれしいですね。

当然、ご利用者様が一番しんどいとは思うんですが、同じくらいご家族も苦労されているわけですよね。

その負担を軽減させて、ご利用者様やご家族の方が納得できる人生を、サポートできる仕事に携われていると思うと、

俄然!やる気もやりがいも、みなぎってきますね。

POINT③【立場に関係なく意見を交わし、協力し合える職場環境がある】

働きやすさについてはどうですか?

私は、みなさん生き生きとして働いているし、意見のぶつかり合いはあっても、基本的にどこも仲良くて、

働きやすい印象なんですけどね。

私も、一般的に介護施設では、介護士と看護師は折り合いが悪いという話を周囲から聞かされていたんですね(笑)

でもここは、立場に関係なくちゃんと話し合いができるし、変なプライドでぶつかり合うこともないですね。

入社前に雰囲気がいいなと思ったのは、そういうところなんでしょうね。自然とそういう雰囲気に?

いえいえ、今の看護師長が来られてから、意識的に作っていました。

普通、立場が違ったり、目標としている方向性が違うと、言い方一つでもめることだてありますよね。

そうならないように「お互いへの気遣いを大切にしよう」という方針を出されたんですね。

それから、看護師も介護士も仲のいい雰囲気になっていきました。

それに、施設長もそうなんですが、上の立場の方が気軽に声をかけてくださるのもいいですよね。

どんな職場でも、若手の方は萎縮してしまうものですが、うちの施設ではそういう関係性がないところが魅力的ですね。

それは、施設長の功績だと思います。もともと、現場出身ということもあって、とにかく現場の声を重要視してくれる。

現場の大切さを知ってくれているからこそ、一定の規律はあったとしても上下の壁を取っ払ってくれました。

だから、現場の声がちゃんと上まで届くんですよ。

なるほど。

意見を出してちゃんと伝わっていることがわかるだけで、現場で働く人はがんばる気持ちにもなれますもんね。

POINT④【多くの人と関わりながら、周囲を笑顔に出来る人と出会いたい】

サン・アクエリアで働くのに向いている人って、どんな人なんでしょうね?

介護業界全般に言えることですが、人と関わるのが好きな人。

とくに、サン・アクエリアは地域との関係も深いので、多くの人と関わる機会があります。

その中から、仕事に活かせる部分や自分の人生を拓くヒントを掴める人であれば、バッチリじゃないでしょうか?

私もそう思います。人と関わるのが好きな人なら活躍できますよ。それに、定着率が高いのも特徴ですよね。

やっぱり、みんなで協力し合える体制が整っているので働きやすいのでしょうか?

そうですね。どんな職場でも、仕事内容ではなく人間関係で辞めてしまうことがほとんどですよね。

そういう意味では、サン・アクエリアは働きやすいと思いますね。

私は、せっかく入社してくださった方が、仕事を覚えるまでに辞めてしまうことが本当に残念でなりません。

だから、先輩から挨拶をしようと伝えています。

どんなに仕事が忙しくても、新人さんがいたら挨拶をすることを徹底する。

なかなか職場の雰囲気も掴めていない中で、元気よく挨拶をしたり、仕事の相談をしたりなんてできませんよ。

些細なことですが、それに取り組むようになってからは定着率は格段に上がったように思います。

最初は、職場に慣れるだけで必死だと思うので、

少しずつ私たちのそういった思いを、ちゃんと受け取ってもらえる人ならいいですね。

そうそう。

体力勝負の仕事ではあると思うんですが、いちばん大切なのは、ご利用者様に私たちの思いを伝えることですからね。

受け取る気持ちがないと届けるのは難しいと思います。

そういう意味では、温かい気持ちを持って、まわり笑顔にしてくれる人といっしょに働きたいですね!

みんなでその出会いを楽しみにしておきましょうね!